2009年06月07日

エコカー・・・心配だ。

自動車メーカー各社がエコカーを出している。

CO2の削減にはとてもよいことである。
また、ガソリンエンジンに比べ、格段に静かになっているそうだ。

だが、私は正直心配もある。

それは、音や振動がないという点。

もちろん、幹線沿いのお宅では、騒音が問題になっているし、
我が家でも、夜中、かなりうるさいと感じることもある。

だが、外出時など、目だけではなく、
耳でも車が近づいていないか注意を払っている。

塀の影や背後など、目の届かないところでも、
音が聞こえれば、注意をして見ることができる。


音がしなくなることで、事故が増えることがないだろうか?


また、音や振動がないことで、乗っている人が、
エンジン停止をし忘れて、
不用意に発進してしまうなどということないだろうか?


心配性すぎる?
posted by 悠木まこと at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

マスク

近所のドラッグストアを徘徊してみましたが、
のきなみマスクは売り切れてますね。

いやいや、やはり日本のブレイクぶりは怖いものです。

オイルショックにはトイレットペーパーがなくなり、
寒天ダイエットには寒天が売り切れ
納豆ダイエットでは納豆が売り切れ
バナナダイエットではバナナが店頭から消えました。


でもね、マスクについては、そんなに高い予防力はないそうです。
(まったくないとはいいません。)

ウィルスの大きさはマスクの繊維の間をすり抜けます。
だから、マスクをしていれば安心!
ってわけではないので、うがい手洗いを忘れずに。

予防効果がないからマスクをしなくていいというわけではなくて、
マスクはかかっている人がつけると効果は高い。

セキやくしゃみでウィルスが飛まつするのを
大幅に防いでくれます。

二次感染を防ぐには、やはりマスクが必要なんですよね。

でも、症状が出る前の潜伏期間にもウィルスは飛ぶので、
症状がないから、マスクをしなくていいかというと
そうでもない。

つまり、マスクはしておいた方がいいってことですね。

でも、今、マスク不足で、本当にマスクが必要な方が
マスクをできないという状況はどうかと・・・

posted by 悠木まこと at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

新型インフルエンザ

メキシコでブタインフルエンザが発症し、
新型インフルエンザと認定された。
フェーズ3からフェーズ4に引き上げられたとか。

メキシコ、アメリカとヨーロッパで確認されているらしい。

燃油価格が落ち着いて、航空運賃の燃油サーチャージが安くなって、
海外旅行客が増えてきた矢先。

しかも、ゴールデンウィーク直前。

海外旅行に行こうと思っている方には心配なニュースだろう。

なんともタイミングが悪いというか・・・


ま、海外に行ったことも行くこともない私ですけどね。
posted by 悠木まこと at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

海外に目を向ける。

日本トップのショッピングモールである楽天市場
が、台湾に進出したのは既に2年ほど前のこと。

先日、ニュースをみていたら、日本人が中国に
ビジネスチャンスを見つけているという話がありました。

そういう時代なんだろうなぁ・・・
と、思っていたら、こんなサイトを見つけました。





ネットショップを中国向けに運営しようという
ショッピングモール。

中国に進出しようと思ったら、
中国語も必要ですし、
マーケットについて調べる必要はあります。


でも、魅力的であるのも事実。


仕事をしていくうえで、色々な可能性を考えるようにしています。

自分の可能性と、自分の両手に足りるもの。
そして、自分自身がやりたい、楽しいと思えること。

もうすぐ独立して1年。

正直、リハビリ期間のような1年でした。

そのおかげで、ようやく立ち上がって前を見られるように
なったように思います。

次の1年はちゃんと前に向かって進めるようにしたいな、
と、シミジミ考えています。
posted by 悠木まこと at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

人材不足?

十数年前、テレビのニュース番組キャスターとして
櫻井よしこさんを見てから、彼女のファンです。

その当時、ニュース番組なんて一切興味がなかったのですが、
毎日、そのニュースだけは欠かさず見ていました。

無知な私にも理解できる言葉の選び方、
ものすごく厳しい意見を言っているのに、
そうだと思えないやわらかい口調。

この人、すごい!

と、直感で感じ取ったわけです。

で、その櫻井よしこさんのブログも楽しみにしています。

民主党党首問題で、次期党首として名前のあがっている岡田氏。
以前、党首になってダメだった人が再び党首になって、
本当に政権奪取ができるんだろうか?
と、思っていたんですが、それについて書かれていました。

あぁ、なるほど。

逆にいうと、それだけ自民も民主も人材不足ということでしょうか。
posted by 悠木まこと at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

最年少合格

中学生の男の子が気象予報士の試験に合格したらしい。

合格率は6%ちょっととか・・・


すごい。

小学生の頃から受けていたようだ。


それだけ熱意が続くのもすごいが、
小学生の子どもが気象予報士に興味を持ったのもすごい。


私も勉強しなくちゃいけないな・・・

と、シミジミと思いました。
posted by 悠木まこと at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

薬事法の改正・・・

ニュースで、薬事法の改正について出ていた。

対面販売を原則とするため、
ネットショップがNGになるという。

一般医薬品については、その店舗の売り上げの
1%程度だが、日本古来から扱われている
小規模薬品販売店は大打撃だとか。


それはもっともだと思う。


対面ではないネットでの販売は非常に
デリケートな問題だということはわかる。


対面で販売できるのが一番よいのは間違いないだろう。


私も以前、ドラッグストアで勤めていたのでそれは理解できる。


しかし、ネット販売を規制する一方、
コンビニでの販売ができるよう規制緩和もするんですよね?


確かにコンビニは対面です。
が、専門家は誰もいません。
学生アルバイトがほとんどです。


薬局や薬店が運営する専門家がいる非対面と
専門家がまったくいない対面

本当に安全なのはどちらなんでしょう。


ドラッグストアには、必ず薬剤師さんがいます。

店員さんは薬剤師さんでない場合もありますが、
必ず基本的なお薬の勉強をします。
判断が難しい場合は、薬剤師さんに相談するようにしています。


非対面でも、きちんと購入履歴をとり、
購入時にヒアリングができる環境が取れれば、
ずいぶん安全に薬品を取り扱うことが
できるのではないだろうかと思うのですが、どうでしょう。


薬は取り扱いは難しいもの。

だからこそ、しっかりと検討して欲しいと思うのです。
posted by 悠木まこと at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

新しい春闘

春になるとニュースで話題になる『春闘』

経営側と労働者側が戦う春。


ところが、今年はちょっと違うらしい。
カルロス・ゴーン率いる日産はじめ、いくつかの会社は、
経営者側と労働者側が対立するのではなく、
「労使共同宣言」として、共同でどうして言ったら言いか、
どうしてほしいか、を国に提出したらしい。


労働者は労働者の権利を主張する
経営者は経営者の理論を主張する


不況であれば、それを理由に労働者が泣く。


だが、今はそんな状況ではない。


経営者も労働者もなく、
自らが身をおく会社、社会を
どうしたらよくできるのか。

ただ、主張するだけではなく、本気で考える時なのかもしれない。
posted by 悠木まこと at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

平成生まれの新成人

昨日は成人の日。
ニュースでも新成人関連が取り上げられています。

なんと、平成生まれの新成人なのです。
考えてみれば、今年は平成21年。
あぁ、そうなのか・・・と、改めて感慨深くなりました。

平成なんて、つい最近変わったようなきがしているのは
昭和の人間だからでしょうか。

つか、人生の半分以上が平成なのに、なぜそう感じてしまうのか
不思議でしょうがないのですが。

そして、成人式が1月15日でなくなったことに
いまだに違和感を感じるのは古い人間なのでしょうか_| ̄|○


私の成人式の思い出といえば・・・
家でゴロゴロしていたということでしょうか。

姉は晴れ着を着て写真を撮ってましたが、
私は辞退しましたし、成人式にも出席しませんでした。

当時、会社の寮に入っていて、住民票を実家から移していました。
住民票のある場所からは成人式の案内状が来ていたんですが、
実家の場所からは音沙汰もなく。

知らない人ばかりの式典に出ても楽しくないですし、
招待されていない地元に行くわけにもいかないですし、
むしろ、誰が行ってやるか!的な感情も(^^;


当時は、地元で問題になってましたね、
住民票が移されている人だけではなくて、
地元に住んでいても、結婚して姓が変わっている女性には
案内状出してなかったみたいで。


成人式というと、そんな微妙な思い出しかない私です。
posted by 悠木まこと at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

リストラという選択

会社にとって従業員の給料はとても大きな経費です。

しかし、同時に従業員は会社にとってとても貴重な資産です。


経営が立ち行かなくなった場合
辛い判断が必要になることもあるでしょう。

そのひとつにリストラもあると思います。


でも、できれば、それは本当に最終手段にして欲しいと思います。

私は今、一人で仕事をしているので
従業員について考えるという業務はありません。
だから甘いことがいえるのだといえばそうなのかもしれません。


しかし、リストラを行うことで従業員のモチベーションが
低下すれば、生産率も低下してしまいます。

モチベーションを上げて、削減しなくはいけない額分を
アップさせれる方法は本当にないのか考えて欲しい。

仕事を失えば、消費も押さえられてその場は何とかなっても
景気の回復には繋がらないのですから。


以前の会社にいたとき、自分が便利な道具だとしか
思われていないと感じることが多々ありました。

従業員は道具ではありません。

だから、100の力が70しか発揮できないこともあれば
150の力が発揮できることもあります。

150の力が発揮できる従業員のいる会社にできれば
きっとリストラなんて必要なくなりますよね?
posted by 悠木まこと at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事を選ぶ

不況のニュースが連日聞かれます。

そんな中、就職活動する女性のインタビューを見ました。

金融を希望していたが、
金融の厳しいみたいなので他のことにも目を向ける

という答えでした。


確かに仕事につくことは必要。
お金がなくては生活が立ち行かない。


しかし、最終目的を「就職」におかないでほしいと感じました。

甘い考えかもしれませんが、
何をしていきたいのか、これからどうなりたいのか
それを考えて欲しいと思っています。


その先の目標がわかっていれば、
完全に希望に一致していない会社であっても
頑張り方があると思うのです。

一見回り道に見えていても実はそうではないこともあります。

就職だけを目標にしてしまうと、
近い段階でモチベーションが切れてしまうような気がします。


とはいえ、若い時にはそんなことを言われても
きっと実感はわかないのでしょうね。

私自身、若い頃にそんな経験をして今に至るので
そう感じているだけなのですからね。
posted by 悠木まこと at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

飯島愛さん急死に思う

飯島愛さんの訃報のニュースを見ました。

テレビも新聞各紙も大きく取り扱っていました。

死後数日後に発見されたため、
とある新聞では「孤独死」と表現していました。


私も一人暮らし。
もしも倒れたら誰にも発見されないんでしょうね。

以前は会社勤めしていたので
「会社に来なかったら気づくよ」
と、言われていましたが、今は出勤する先もありません。

独り仕事ですから、誰にも会わない日々も多いんですよね。

締め切りなどもあるので、連絡がなかったら
クライアントさんがもしかしたら気づいてくれるかもしれませんが、
自宅まで訪ねてきてくれることはないでしょう。


基本的に友達に連絡して会うなんてことも
ほとんどないので、それこそ数ヶ月発見されないんじゃないか……
と、思ったり。

あ、今は家賃はらわれなかったら大家さんが気づいてくれるかな。
1ヶ月くらいで気づいてもらえるかも。


あまり体調をひどく崩すことはありませんが、
たまに調子が悪いと、真剣にこんなことを考えたりします。


posted by 悠木まこと at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

60万円着服で

昨日は、サーバダウンでした。
以前、プロバイダにつとめていたことがあるので
サーバダウンしたときの様子が目に浮かぶようです。

復旧お疲れ様です。


さて、昨日書こうと思っていたことが、
NHKのカメラマンが出張費60万円を着服したというニュース。

京都への出張の際の宿泊費74泊を
実際には自宅に泊まっているのにホテルを利用したとごまかして
約60万円を着服した、と。

これは全額返還済みだけど、懲戒処分と掲示告訴を考えているそうな。

ふむ。確かにやっちゃいけないことですし、
なんらかの処分は必要でしょう。

期間もながかったので、計算してみたら、月に3万そこそこ。
それで人生台無しにするなんて・・・

とはいえ、ちょっと厳しい処分だな、という感じはしましたね。

出張の精算方法は会社によって、考え方とか計算の方法は
様々なので、どうなっているかわかりませんが、
長期にわたってそれが見過ごされてしまうという体制自体が
どーかと思いますしね。


と、いうか、そもそも!

そのカメラマン、京都から東京に単身赴任してたんですよね。
んで、何十回も京都に出張って?
なぜそんなことが起きるのだろう、と思ってしまいました。

毎月4回程度出張していた計算なんですよね。
1泊だとしたら、毎週京都出張ですよ。
そっちの方がなぜ?
という感じなのですが・・・
posted by 悠木まこと at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

蘇民祭ポスター

昨年、話題になった蘇民祭のポスター。
今年のバージョンが出たとのニュースがあった。


昨年は、アップの男性の写真はセクハラだと
JR東日本で掲示拒否された。

そのせいなのか、今年は神社の雪景色。
人間は誰も映っていない。


昨年もあのポスターがセクハラなのかどうかと随分騒がれた。


つか、あれをセクハラだっていったら、
なんでもセクハラだと思うんだけど・・・(^^;


女性でも男性でも下着メーカーのポスターなんて
全部アウトじゃない?(*≧m≦)ぷっ


確かに人によってその基準は違うと思いますが、
蘇民祭自体がふんどし一丁で冷水浴びて
押し合いへし合いする祭なんだから
その様子の写真がセクハラといわれたら困りますよね。
posted by 悠木まこと at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

浅田真央ちゃん優勝

フィギアスケート、グランプリファイナルで浅田真央ちゃんが
優勝しました。

おめでとー。


前半不調っぽかったんですが、
しっかり持ち直してきたのはすごいですね。

こうしてみていると、大きくなったなぁ。
大人になったなぁ。
と、感じますね。
手足が長くなって、動作もよりキレイに見えます。
(もちろん、技術力がアップしているというものありますが)

キムヨナ選手は地元で勝ちたかったでしょうが、
やはりプレッシャーもあったんでしょうね。

真央ちゃんが攻めの演技なら
キムヨナ選手は守りの演技。

完璧な演技をしなくてはいけないというのは
とてもキツイ選択ですよね。


テレビをみていて、
真央ちゃんの演技中。ジャンプのときの

「ぃよっしゃーっ!」

という伊藤みどりさんの声にちょっと笑っちゃいました。
見ながら相当力はいってた感じがひしひしと伝わってきましたよ。
posted by 悠木まこと at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

たばこ税

たばこ税の増税云々のニュースを聞きます。

このたばこ税、矛盾を感じるんです。


たばこは体に悪いので禁煙ムードが出ています。
増税して価格が上がれば、それを気にやめる人も増えるでしょう?

1箱の価格上げても、
買う人が減ったらどれくらい増収になるんでしょう?

禁煙場所も増えて、喫煙者はますます肩身が狭くなってますし。


たばこ税で増収したいのならば、
喫煙ウェルカム!みんなどんどん吸いましょう!
って方向にしなきゃいけないような気がするのよね。

増収が目的なら、ってことですよ。


禁煙をすすめる ≠ タバコ税収を上げる


だと思うんですよね。


禁煙をすすめる = 税率を上げる


はあってるかもしれない。
posted by 悠木まこと at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

失言ブーム?

なんだか、失言が続いていますが、
言葉って難しいですね。

悪意がなかったとしても、
ちょっと言葉選びを間違えただけで
違う意味として受け取られてしまうことがあります。

それは、こうして書く文字も一緒。

ただ、ブログなどは、書き直せますけどね。


さて、話題になっている失言たちは
悪意がなかったといっても、

ヾ(--;)ぉぃぉぃ

という感じですが、昨日のニュースでちょっと気になることが。


某政治家さんが、定額給付金について

「こんな税金をドブに捨てるような政策は〜〜〜」

と、おっしゃっていました。

この言葉自体、特に注目されていませんし、
その方が言わんとすることも理解できます。


しかし、定額給付金を受け取るのは私たち。
ドブに捨てる・・・と、言われると、


おぉ?私たちはドブかい?


と、思ってしまったのでした。


別に揚げ足を取るのが趣味というわけではありませんが、
妙に気になってしまって。

できれば、もう少し違う表現にしてほしかったな。
posted by 悠木まこと at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

危険な遊び

以前、テレビで犯罪率がどのように推移しているか。
という内容のものをみた。

世間のイメージでは、「犯罪が増えている」
だったが、実際には「犯罪は減っている」


なぜ、実際には減っているものが増えているように感じるか
というと、テレビやネットなどが普及したことで、
今までは地方版にしか流れなかったようなニュースが
全国で見られるようになったせいなのだとか。


砂場で遊んでいた中学生の話や
公園の遊具で怪我をした子どもの話など
“子どもの危険な遊び”についてのニュースを
たくさん聞くようになったが、
ひとつには、ニュースになって全国に
報道されるようになったために件数が増えているような
気がするのかもしれない。

もちろん、それだけではないかもしれないが。

考えてみれば、私も子どもの頃、危険な遊びをよくしていた。

危険なものを排除するよりも
危険なことの先にどんなことが起こりえるのかを
想像する力を付けさせることのほうが大切なように感じる。

ただ、想像できるようにするためには、多少痛い思いも必要。

そのあたりをどのように加減するかが難しいところですが。

あまりに過保護にしすぎると、想像力のない人間が
出来上がりそうで、そのほうが怖いと感じるのです。
posted by 悠木まこと at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

来年の花粉飛散予想は悲惨

来年の花粉飛散予想が出ました。

今年の夏、暑かった地域では、2倍程度になる予想。

_| ̄|○

花粉症の人にとっては大変なニュースです。


私は小学生の頃から花粉症に悩まされ、
最近では、春だけではなく1年中ひどくなりました。

7月、実家の岐阜に帰った際には鼻水などがひどく
なぜだろうと考えたところ、稲の花のせいでした。


そして、今も調子が悪い・・・


中学の頃血液検査した結果、夏や秋にも反応する
花粉はあったものの、微量だったので、
それほど苦痛ではありませんでした。

しかし、今年は、夏も秋もキツイ・・・

2倍になった来年の春、どうなることか。

いまからうんざりしちゃいます。
posted by 悠木まこと at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

世界文化賞の部門は・・・

世界文化賞で今年度、歌舞伎の坂田 藤十郎氏が受賞したとのニュースを見た。

この賞は、高松宮殿下の「世界の文化・芸術の普及・向上に広く寄与したい」という遺志から設立されたもの。

受賞部門は、「絵画」「彫刻」「建築」「音楽」「演劇・映像」の部門である。

広く芸術という中に入っているが、この部門に所属しない芸術はどうなるんだろうか?

どこまでを芸術と呼ぶか?となると難しいのかもしれませんけどね。


麻布十番にある「カレイドスコープ昔館」には、国内外の多くの万華鏡アーチストによる作品が展示販売されています。

初めてそこにならぶ万華鏡を覗いたとき、その美しさに驚き、
万華鏡というものの見方がガラリと変わりました。

たとえば、このような万華鏡は上記の部門だと当てはまらないような気がします。

また、陶器やガラス細工(とんぼ玉など)もそうですよね。

もう少し部門を増やすとか、広意義にするとかできるといいのにな、
と、思ったのであります。
posted by 悠木まこと at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。